2000年12月ハンギョレ21 337号

[スポーツ] ヒーディンク 驚かせてくれる?

[ スポーツ ] 2000年12月06日 第337号

韓国代表チームを根こそぎ掌握したオランダ サッカー… 大手術を前にして、外国人執刀医に協調を

hangyore00337_21.jpg (10505 バイト)(写真/2002年ワールドカップを控えて、韓国代表チーム指令塔を引き受けた ゴース・ヒーディンク監督. 史上最大のスタッフがヒーディンク体制を側面支援する予定だ)

韓国サッカーは、先月、オランダのゴース・ヒーディンク監督(54)の招聘を決定, 危機の突破口を用意している. 以夷制吏(夷をもって制する)というところか. 98フランスワールドカップで、韓国に 0-5 の惨敗を抱かせたオランダ代表チームの監督がヒーディンクだ. そのような彼を韓国に招待してきた’のだ. それほど韓国は切迫した現実に置かれているということだ. 韓国サッカーは、今年開かれた各種国際大会でこれといった成績をおさめることができなかった. 北中米ゴールドカップ, シドニーオリンピック, アジアンカップ等で、すべて残念な姿を見せた. 続いた不振は、ホ・ジョンム監督に退陣の不名誉を抱かせた. 結局、韓国サッカーの発展と、1年6ケ月後に迫った2002韓日ワールドカップのために、外国人監督の招聘で結論が決まった.


全幅的支援約束にも、絶えない雑音


ヒーディンク監督は契約だけを残した状態だ. 新しい外国人監督を招聘したから, 彼を通じて先進サッカーを受け入れて、韓国サッカーの土台を肥えさせて、2002韓日ワールドカップで期待される成果(16強 進出)をあげるという課題だけが残った. サッカー協会は、イ・ヨンス委員長にそうであるように, 新任監督にも全幅の支持と支援を約束している. ヒーディンク体制は、史上最大の支援スタッフが動員されることと予想される. コーチングスタッフから最多人員. コーチだけでも5名だ. ここには、オランダの首席コーチとフィジカルコーチが含まれる. 韓国人コーチは、11月14日、第1次技術委員会で、パク・ハンソ・ジョン・ヘソン コーチ, キム・ヒョンテ GKコーチ等で構成を終えた. また、ヒーディンク監督の要求によって、ホ・ジョンム 前監督を技術諮問または顧問として招聘する可能性があり、チームドクターも常時体制で置くことになる. 言論を担当するプレスオフィサー, 装備担当官が新設されて、当然、通訳も別途に置くことになる. ホ・ジョンム監督体制よりも支援スタッフが10余名以上は増えるようになる.

これから 目標に向かって拍車をかけるだけだ. それなら、青い光だけが行く手に差し込んでいるのか. そんなことはない. 出発もしていない前から、すでに雑音が絶えない. 問題提起をするサッカー人の意見は、概略こうだ.

まず, 外国人監督に大権を任せるには時間がないということだ. 外国人監督を招聘して新チームを作り上げるには、2002韓日ワールドカップまでに残された時間があまりにも少ないという主張だ. 韓国サッカーを全く知らない異邦人が、韓国を理解するには時間が足りないということだ. 冬の休息期をすぎれば、選手を把握するのに早晩6ケ月以上が必要とされる. それで、基礎工事に大部分の時間を送ることになる. ヨーロッパとは状況が違うという説明だ.

次に, コーチングスタッフ構成に対する雑音だ. 特に、技術委員会にまず選定した、パク・ハンソ, ジョン・ヘソン, キム・ヒョンテ コーチ選任の不当性だ. 監督がまだ契約を終えてもいなかったし、現況を把握して自身の絵に合うコーチを選択する機会もなく、協会と技術委員会が勝手に韓国コーチを構成したのは、つじつまが合わないという指摘だ. また、コーチ間で関係が良くないとか, 技術委員長と親密な人が選任されたという話もある.

三つ目, ヒーディンク監督を招聘するために使うことになる費用に対する‘不満’だ. 協会は、ヒーディンク 監督を招聘する のに100万ドルをはるかに超える金を使うことになる. ヒーディンク監督の年俸と契約金, または成果給として100万ドル以上の費用が予想され、その他にヒーディンクが連れてくることになるコーチたちの年俸, 付帯費用として住宅, 自家用車, 通訳費などが追加でかかることになる. サッカー人はこのお金を外国人のために使用するより、韓国サッカーの土台をしっかりさせるための, 根本的な所に使う方がより重要だと話す.

結局、こういう指摘は‘何故、敢えて外国人監督なのか’という根源的な問題に帰結する. それさえも、歴代ワールドカップ出場で最高成績をおさめたキム・ホ 水原三星監督は下馬評ですら除外される、サッカー界の反目が存在する. こういう指摘は、だいぶ説得力があって、核心を衝いている. 協会は心を開いて、こういう批判に耳を傾けなければならない.


韓国的風土を耐えることができなかった外国人指令塔たち

hangyore00337_22.jpg (18923 バイト)(写真/日本と試合をする韓国代表チーム 選手たち)

しかし、こういう批判も、いわゆる‘揺さぶり’としては、目新しいものではない. 過去に既に経験がある. そして、揺さぶることは助けになるよりは、結果的に害になった. 私達が向き合っている現実で、最善の方法は何か. 新しく始めようという韓国サッカーに、拍手と激励を投げなければならなくはないだろうか.

韓国サッカーで、外国人監督が指令塔を引き受けたことは, 今回のヒーディンク監督以前に、既に2度あった. 92バルセロナオリンピックで韓国代表チームを率いたドイツのデトマール・クラマー監督と、96アトランタオリンピックを指揮した旧ソ連のアニトリ・ビショベッツ監督だ. クラマー監督は、智と徳を揃えた名将として知られている人物. 68メキシコオリンピックで、日本の傭兵監督として銅メダル神話を生み、韓国でも、91年オリンピック代表チームの総監督を担当して、28年ぶりにオリンピック本戦自力進出の快挙を成し遂げた. しかし、クラマー監督は、バルセロナオリンピック本戦舞台を踏むことができなかった. ‘揺さぶり’で、落馬してしまったのだ. 韓国側監督だったキム・サムラク監督との不調和が最も大きな理由だった. 結局、キム監督-キム・ホゴンコーチ体制で行って、結果は予選脱落だった.

また、88ソウルオリンピックで、ソ連に金メダルをもたらしたビショベッツ監督の時も同じだった. ビショベッツ監督の風変わりで気難しい性格も一役担ったが、この時も結局‘揺さぶり’で崩れた. ビショベッツ監督は、代表チーム技術顧問を経て、94米国ワールドカップが終わった後、監督に就任した. しかし、決して順調ではなかった. 95年6月、フランス ツーロン国際大会に出場した時に不協和音は頂点に達し、指導力の漏水現象を見せた. ビショベッツ体制は、コーチを交替する過程をたどりながら、 キム・ハンボム コーチと共に本戦を終えた. 1勝1分け1敗で予選脱落. 彼の運命もそれで終わりだった. 荷物をまとめなければならなかった.

性格が変わっていて東欧圏特有のナショナリズムで武装したビショベッツ監督が、コーチ, 選手たちと葛藤したことは、たとえそうだとしても, 温和な性分のクラマー監督までが韓国独特の情緒に適応できずに足を返したことには、どんな意味があるのだろうか. それほど、韓国サッカー風土が保守的で、外国人監督に抵抗感が大きいということだ. 83年スタート以来, 韓国プロサッカーに外国人監督が僅か5人であったし、それさえも、正しく任期を満たして指導力を発揮した場合は、富川SKのニフォムニシ監督が唯一だ. 韓国サッカー界が現時点で正さなければならないことは何だろうか. もちろん、誤っていたことがあれば、果敢にメスを持って患部を治さなければならない. しかし、痛くもならない前に、注射を持つ必要はない. 健康管理を良くすることが、優先されるべきではないだろうか. いまは準備をする時だ. 韓国サッカーは、危機の突破口を探すために、5年ぶりにまた外国人監督を呼んだ. 謙虚な姿勢で現実を直視しなければならない. 言葉の遊びよりは、実践して行動することがより重要な時点だ. 時間がなく、より一層そうだ.

韓国のこれからのサッカーは、オランダサッカーに首を差し出したと言っても言い過ぎではない. ヒーディンク監督が韓国代表チーム指令塔に決定され、幼少年サッカーの首長まで、オランダサッカー協会所属のアブラハム・ブラム(48)を招聘した. オランダ出身の2人の指導者に韓国サッカーの未来をすべて任せたわけだ. オランダ サッカーとは何か.

オランダは、世界サッカーの強者だ. 74西独, 78アルゼンチンワールドカップと、続けざまに準優勝して、ヨハン クルイフを前面に出した、いわゆる‘トータルサッカー’で威力を轟した. 98フランスワールドカップとユーロ2000でも、4強に進出した. ‘トータルサッカー’の元祖 オランダ サッカーは、韓国で正しく根をおろすことができるか. 肯定的側面と否定的側面が共存する. 全方向攻撃で守備の領域を押し崩すトータルサッカーは‘たくさん走る’韓国サッカーになじみやすい. また、80年代 PSV Einthovenで、オランダ サッカーになじんでいたホ・ジョンム監督が、既に一部を取り入れていた. 根をおろすのは、時間の問題ということだ.


いまは、協調と応援でサッカーを生かそう

hangyore00337_23.jpg (16231 バイト)(写真/ヒーディンク監督は、オランダのトータルサッカーを韓国に移植するために、代表チームを大手術するものと見られる)

しかし、ヒーディンク監督の新しい体制に変われば, とにかく韓国代表チームは大手術をするしかない. 代表選手の顔が変わるはずで、戦術システムも変わる. 韓国選手たちは混乱するしかない. 特に、守備力が弱い韓国としては、鎮痛が伴う. ブラム監督が預かることになる幼少年サッカーはより厳しい.

かと言って、そんなことであきらめるわけにはいかない. オランダ人監督の独断と我執があるならば、防止しなければならない. しかし、まず協調と応援が先行しなければならない. オランダ人の手にまかせた韓国サッカーが、どこにどのように流れるか, これから新しい局面に立ち入っている.

パク・ジョンウク/ スポーツ ソウル サッカーチーム 記者

Copyright  ハンギョレ新聞社
webmast@news.hani.co.kr