2001年1月ハンギョレ21 341号

[動く世界] 東京に行った東大門市場

[ 動く世界 ] 2001年01月03日 第341号


渋谷の大型ショッピングモールで“カッカジュセヨ(割り引きしてください)”を連発する日本の若者達…韓国大衆文化を伝播する意味も 


最近、日本・東京の若者達が‘キムチ’や‘ビビンパ’に劣らず、頻繁に使う韓国語が ある. “カッカジュセヨ(割り引きしてください)”. 韓国の東大門や南大門市場で聞かれてきたこの言葉が、日本の若者達の間に広まり始めたのは、昨年9月末. 東京の20代の若者達が最もたくさん集まる渋谷の真ん中に、東大門市場が門をあけ、駆け引きをする韓国式市場ショッピング文化が、日本の若い女性たちの間で人気を集めているのだ. 

東大門市場が入居している大型ショッピングモール パルコの1階の外壁は大きく‘東大門市場’と書かれた文字が過ぎ行く人々の目を惹き付けるのに充分だ. この建物の3,4階に200坪規模で55の店舗が開場した東大門市場は、ソウルのミリオレや斗山タワーショッピングモールをそのまま移したようだ. 2坪にも足りない規模の、細かい店舗配置で、服のスタイルやディスプレー方式, GODの最新曲と“カッカジュセヨ(割り引いてください)”という言葉まで. 韓国の東大門市場と違う点と言えば、3階の洋服店と雑貨店の中に、広いウェディングショップが位置していることと、すべての店の商品を一ケ所で計算するカウンターが別にある点程度であった. 


店舗配置からディスプレーまで 

写真/日本 東大門市場の商人たちは皆韓国人. 主に韓国の留学生たちが売り場職員として採用されて顧客の相手をする.

“服が思っていたよりも可愛くて、安くて良いですね. 日本のお店よりも、流行により敏感なようです.” 友人と一緒に来た会社員 糸野 理子(29)さんの手には、セーターとスカートが包まれたショッピングバッグが下げられていた. “500円割り引きしてもらいました.”彼女の東大門ショッピングは、この日が初めてだったが、既に値切ることを学んできた. 市場でも間違いなく値札制が守られる日本で、初めて価格の駆け引きをするショッピングモールができると、放送と雑誌で大きく扱って、“カッカジュセヨ”という韓国語まで教えたおかげだった. 

韓国の市場で正装売り場を運営して、こちらにスカート専門売り場を整えた ナム・ギョンシル(35)氏は、“値切るのに慣れていないせいか、たいていのお客さんは値切って値切ってとしつこくて、頭が痛い程”と笑った. そのスカート価格は5千円程度, ジャケットは9千〜1万2千円程度で、韓国の市場よりすこし高いが、日本の物価に比較すれば破格的な価格なのだが、“値切ることで面白味を付け加えるのは、韓国人でも日本人でも同じだ”という. 実際、割引率は表示価の10%程度で、店によって大差ない. 日本の東大門市場の主人たちは、皆韓国人で, ナム氏のように東大門に売り場を持っている人々が90%だ. 彼らは、日本語と韓国語が可能な韓国の留学生をアルバイト職員として採用し、韓国と日本を行き来して店を運営している. 


景気沈滞を狙った販売戦略 

写真/“カッカジュセヨ(まけてください)” 日本の東大門市場は駆け引きによる割引制度を導入するために、'ハンディターミナル'という機械も開発した.

それぞれの売り場は、韓国人が運営しているけれど、東大門市場の実質所有者は日本企業の株式会社マーケットプロダクションだ. 韓国に頻繁に出張していた奥野社長は、東大門市場を見て回って、‘価格駆け引き’のアイディアを得たという. “長い間の景気沈滞によって、高級ブランドを好む女性たちの趣向が低価格製品に変わりながら、価格駆け引きが興味を惹くと期待し, 日本人がよく行く韓国観光に東大門市場が外せないコースであるなら、いっそのこと、商号も東大門市場にしようということになった.” マネジャーのノブコ・イワオカが話す販売戦略が正確に噛み合ったわけだ. 

韓国の東大門市場と違い、こちらでは全体の売上を会社で管理するために、正価と割引価をチェックできるように、‘ハンディターミナル’という割引機械も開発した. 日本 東大門市場の一ケ月の平均売上額は、1億5千万円程度. 新年2月からは、地下1階から2階まで店舗を伸ばす計画だ. 東京 東大門市場の成功で、新年春くらいには、横浜側にもファッション卸売専門売り場を開けることになった. 東大門のプレヤータウンにあるマーケットプロダクションの支社には、日本進出を申請した韓国の商人が100人を超えた. 

写真/東大門市場には駆け引きだけがあるのではない. 売り場周辺を飾っているポスターと韓国大衆文化を紹介する雑誌が、韓国文化に対する関心を自然に誘導する.

日本 東大門市場には店だけがあるのではない. <美術館のそばの動物園> <静かな家族> 等、日本で上映した韓国映画などのポスターが壁を埋めており, ハン・ソッギュ, ジャウリム, 等、韓国のホットな文化情報を紹介する日本雑誌 <レッド ホット ペーパー> バックナンバーが休息を取る日本の若者達のために置かれていた. 日本 東大門市場は、ショッピングという全世界女性たちの共通の趣味を通じて、自然に韓国の大衆文化を伝播する役割もしている. 

文・キム・ウンヒョン 記者dmsgud@hani.co.kr 

写真・イ・ジョンヨン 記者lee312@hani.co.kr