2012年1月ハンギョレ21 895号

これは問題的漫画ですか?



註:イラスト下の星は「暴力性」レベル.

 [レッド企画]

漫画が暴力を教える?

学校暴力の責任が ウェブトゥーン(註:ウェブ+カートゥーン)にあるとした<朝鮮日報>などの報道に対して、漫画家たちに質問をする □ ナム・ウンジュ

校内暴力の責任をインターネット連載漫画(ウェブトゥーン)に問うことに対する論議沸騰が深くなっている.
去る1月6日と7日、<文化日報>と<朝鮮日報>は“いじめと同級生暴行場面などを戯画化する暴力的指向のウェブトゥーンが校内暴力をそそのかしている”としながら“暴力を教える憂慮が大きい”という専門家の話を引用して、11ウェブトゥーンを‘問題的’として指定した.
これと関連し、1月11日、韓国漫画家協会・韓国漫画連帯等、漫画界の主要6団体は, 言論報道に続き、放送通信審議委員会までがウェブトゥーンモニタリングをすると乗り出したことに反駁する共同声明を発表した.
<ハンギィレ21>はインターネット連載漫画家たちに校内暴力の責任をウェブトゥーンに問う言論報道に対する考えを聞いた.
イ・テホ ジョンチョルなど、ポータルサイトの有名漫画家は漫画で返信を送ってきた.
<朝鮮日報>が1面トップ記事で問題視したウェブトゥーンの作家が漫画を送ってきたのだ.

_編集者